新着情報

採卵に向けてできること 【相模原の妊活サポート鍼灸院】 

ブログ未妊鍼灸
ウォーキングをして血流UP

相模原の妊活サポート鍼灸院

はり灸マッサージ院 with EARTHです。

 

当院の未妊鍼灸をスタートされる方では

これから体外受精をスタートされる方や

何度も体外受精にチャレンジしたのちに、

鍼灸をはじめようという方が多くいらっしゃいます。

 

不妊専門クリニックにて、体外受精にチャレンジするにあたって

まずは【採卵】をクリアすることです。

 

良い卵子がとれるか、良い受精卵ができるか。

そこをクリアすることで、次の移植に進むことができます。

 

採卵前にできること

採卵がスムーズにクリアする方もいれば

そこで苦戦する方もいらっしゃいます。

ホルモン値の問題、空胞、変性卵、精子との受精がうまくいかないなど。

刺激方法などにもよりますが、

思ったよりも育つ卵子の数が少ない、

たくさん採卵できたけど、無事に受精できて凍結できたのはなかった・・・

ということもあります。

受精卵 体外受精 移植

 

採卵前にできることとして、

ご自身で気を付けていただくこと。

 

それは

お腹や腰をあたためすぎてはいないか!!

ということです。

 

妊活=温活 と考えている方も少なくなく、

温めすぎている方は実際にいます。

 

もちろん、その方の体質や状況によっては温めた方が良いこともあります。

 

ただ、女性の体には月経周期というものがあります。

基礎体温を測って、低温期と高温期が分かれているかを

調べた経験のある方は、体温が低い時期があることをご存知かと思います。

 

低いには理由があります!!

基礎体温 低温期と高温期には意味があある

 

低温期は月経期と卵胞期が含まれます。

卵胞期は卵を育てる時期です。

この時期に必要以上に温めすぎてしまうことで

卵の成長を妨げてしまうことがあるのです!!

 

・暑い日でもホッカイロをお腹に張り続けている

・一日中腹巻をしている

 

などはしていませんか?

 

卵を育てる時期は、ある程度低温でも良いのです。

これは採卵前の方だけでなく、

タイミング法、人工授精の方も同じです。

排卵までの時期には温めすぎないこと。

 

 

採卵前は血流をよくする

温める=血流UPではありません。

温めることでも血流が良くなりますが、

温め続けることはないのです。

 

ではどうやって血流をよくするのか。

それは【運動】です。

 

ウォーキング、体操などは手軽にすることができます。

特に股関節回りを良く動かすことで

子宮や卵巣への血流をUPしやすくなります!

ウォーキングをして血流UP

もし、基礎体温を測っていて、低温期と高温期の差があまりないと

お悩みの方は、ぜひ低温期に運動をしてください!!

そして高温期には、温める。

そうやって、差を作っていくことで

体温の差が生まれやすくなります。

 

未妊鍼灸の施術も、その施術日が月経周期のどの時期なのかで

施術の内容が変わります。

 

体温に差があることだけが重要ではありませんが、

それによって起こる身体の変化を意識してみてくださいね(*^-^*)

 

 

★私たちが施術を担当します★

 

はり灸マッサージ院 with EARTH
神奈川県相模原市中央区相模原3-5-8-1F

042-754-8955

 

ご相談はLINEをご利用ください。

LINEは24時間承ります。

※ご返信はすぐにできないこともありますのでご了承ください